サポートしている3×3チームDIME.EXEが宇都宮ラウンドで優勝いたしました

19859215_1466944056715030_885728310_o

 

 

弊社が2017シーズンのメインユニフォームスポンサーを務める3×3チーム「DIME.EXE」は、宇都宮オリオンスクエアで行われたPREMIER.EXE Round.3にて、Bリーグ王者栃木ブレックスを母体とする「BREX.EXE」を破りラウンド優勝を果たしました。

 

3人制バスケ「3×3」は、東京オリンピックの正式種目としても採用され、高いエンタメ性とスピーディな展開が魅力で、若者を中心に人気が急上昇しており、近年大注目のスポーツです。

 

渋谷を拠点とする「DIME.EXE」は、3×3の日本代表候補選手が4名所属し、チームの共同オーナーにはお笑い芸人の麒麟田村裕氏、大西ライオン氏、現役Bリーガーの岡田優介氏が名前を連ねていることもあり、実力と人気を兼ねた、最も注目されている3×3チームの一つです。

 

下記、宇都宮ラウンドの戦評となります。

 

《Bグループ1回戦》

 

vs TACHIKAWA DICE.EXE
⚪︎17-16

 

《Bグループ2回戦》

 

vs ALBORADA.EXE
⚪︎21-8

 

《セミファイナル》

 

vs SEALS.EXE
⚪︎21-6

 

《ファイナル》

 

vs BREX.EXE
⚪︎21-17

 

地元の大歓声を受けるBREXとのファイナルは、挨拶がわりの鈴木慶太選手の2P、ニカウィリアムズ選手のバスケットカウントなどで5-0と最高の滑り出しを見せる。しかしその直後、エドワードモリス選手の豪快なダンクによって、ゴールが壊れるというトラブルにて試合が長時間中断する。

 

この中断によって良い流れが途切れてしまうかもしれないという不安もある中、再開後にも控えから出てきた小松昌弘選手を筆頭に、チームとして高い集中力と安定したディフェンスを見せ、最大9点のリードを奪った。

 

この時点でDIMEファンならば「優勝」の二文字で頭がいっぱいだったことでしょう・・・!会場には既に涙を見せているファンの姿も。

 

しかし、ここで終わらないのがBREXの底力。連続2Pシュートやスティールからの得点で、3点差まで追いつかれる場面があり、一転してBREXファンで溢れる会場は大盛り上がりで形成逆転。

 

一進一退の攻防が続く終盤戦、20-17で迎えたラストショット、DIMEのシュートは外れるも、最後はエドワードモリス選手が気迫のオフェンスリバウンドを掴み取り、そのままゴール下を決めて見事に勝利を掴みとりました!

 

19911781_1466944063381696_1286460084_o 19897942_1466944036715032_2071770097_o
20046078_1466944023381700_663447566_n 19893783_1466944040048365_299507363_o 20048632_1466944050048364_446641058_o