ノーザンライツ株式会社

八戸本社
〒031-0042 青森県八戸市十三日町16 チーノはちのへ7F

TEL:0178-20-8668

東京ブランチ
〒105-0013 東京都港区浜松町1-12-4 第2長谷川ビル3F

​TEL:050-5358-2707

pmark_2.png

当社は、​日本工業規格「JIS Q 15001個人情報保護マネジメントシステム」に準拠し、個人情報について適切な保護措置を講ずる体制を整備している事業者として、プライバシーマークを取得いたしました。

  • Facebook

Copyright © NORTHERN LIGHTS INC All right reserved.

人を知る 仕事を知る 会社を知る

NORTHERN LIGHTS

 members' interview

リサーチソリューション2部 マネジャー

柳谷 典昭

Noriaki Yanagiya

[青森県出身]

前職ではITエンジニアとして八戸から出張・滞在で、主に首都圏の顧客であるネットワーク装置のソフトウェア開発に従事。

2012年、ノーザンライツに転職。

2013年12月、アシスタントマネージャーに昇格。 

2016年4月、マネージャーに昇格。

現在は、4人のメンバーのマネジメントを行いつつ、インターネットリサーチの画面作成の中で難易度の高い案件のサポートや全社のIT推進を担当。

東京でITエンジニアだった柳谷がマーケティングリサーチの仕事を選んだ理由と、どのようなスキルや思考が今の仕事に役立っているか、また、現在の目標などについてインタビューしました。

ソフトウェア開発から異業種のノーザンライツへ

前職では、八戸から東京に出張・滞在し、主にネットワーク装置のソフトウェア開発をしていました。C言語やシェルスクリプトをよく使うような開発で、半年から1年といった長めの納期案件が多かったです。

将来的な自分自身のキャリアを考えたとき、ソフトウェア開発から別な仕事をしたいと思って入社したのがノーザンライツでした。

八戸市無料職業紹介所に相談して利用者登録したところ、1時間程で担当者から連絡があり、紹介してもらった企業でした。

引き続きパソコンを使った仕事をしたかったこともあり、当時の採用要件がWeb系の知識を問うような内容でしたが、それまでの保守業務の経験を通して理解はできていたので、応募しました。

1次面接の担当者は現社長の田中でした。面接といっても、話題はほとんどプレミアリーグが中心で盛り上がったことを思い出します。私自身は「ずいぶん若い人が面接対応されるんだな~」と感じていました。

面接で言われたのは、「これまでのソフトウェア開発の職務経歴から、物足りないと感じるかもしれない」ということでした。

実際、入社してからの業務はそのようなことはなく、これまでのソフトウェア開発よりも1件当たりの規模は小さいものの、短納期で経験したことがない仕事でした。

現在の仕事の面白さ

ノーザンライツに入社してから今まで、主にインターネットリサーチの画面作成を担当していますが、前職の経験を活かして難易度の高いカスタマイズ案件を依頼されることも多く、そのことが仕事へのやりがいに繋がっています。

また、メンバーをサポートする役割もあり、未経験のメンバーが難易度の高い画面を作成できるようになってことは、自分にとっても嬉しいことです。

時々、今でも頼まれてレビューをすることもありますが、「自分で学びながらここまでの画面をよく作ったなぁ~」と、その成長に感心することもあります。

自分の知識をチームに広げて、職場の生産性を上げていく面白さを感じています。

 

私からの紹介がきっかけで入社したメンバーもいます。自分自身が気持ちよく働けているので、ノーザンライツに合うと思った仲間には、率直に仕事内容を伝えて応募を促すこともあります。

ITエンジニアとして役立っているスキルや考え方

プログラミングやソフトウェアの設計、お客様からの依頼内容をアルゴリズムに変換するスキルは、今も役立っています。

インターネットリサーチの画面作成には、さまざまな専用ツール・システムがありますが、使い方自体は過去の知識で置き換えられることも多く、スムーズに利用できるようになることが多いと思っています。

 

入社当時、インターネットリサーチを中心にやってきたメンバーが多い中で、自分は違う経験をして入社したので、文化が違うと感じました。

インターネットリサーチ業界では当たり前のことが、他業界から来ているのですぐには分からないこともありました。

品質改善に向けて、ソフトウェア開発の手法を提案してみたこともありました。すぐに採用されたわけではありませんが、何度も繰り返し話をする中で、デバックの考え方など取り入れてもらい、技術だけではなく仕組みや考え方の面でも役立つことができたと感じています。

今、目標としていること

現在、難易度の高いカスタマイズの画面作成のチームを立ち上げ、推進することががミッションです。まずはこのチームのメンバーを育て、体制構築して、難易度の高い案件に応えられるようにしていきたいと考えています。

兼務している情報システム部の仕事についても楽しく取り組んでいます。会社のITインフラを整備する上で、どうすれば皆が楽になるかを考えています。

新しいメンバーが入ってきて、さらに理解できる人が増えるともっといろんなことができそうだと感じています。

インターネットリサーチの業務範囲は、画面作成だけではなく、集計や簡易的な調査票作成などもありますし、奥も深いので、これからは幅を広げて、興味関心を今まで以上に深めたいと思っています。

技術的にもさまざまなツールがあります。部門長も新しいものを取り入れるのに積極的なので、動きやすいです。まずは気軽に触ってみて、自分自身が使えるツールを増やしていこうと考えています。